派遣社員、契約社員ー医療現場

今回は派遣社員、契約社員について書いていこうと思う。

厚生労働省さんが26年度の役員以外の正規職員、非正規職員、パート、アルバイト、嘱託職員等の具体的比率を算出グラフ化してくれたようだ。わざわざ・・・

【発表ページ:平成26年 国民生活基礎調査の概況】

比率については厚生労働省のサイトをみてくれればわかるのだが、要するに何がいいたいのかというと派遣社員や契約社員が増えているということだ。国は多様な生き方による労働の自由だなんだと言っているが・・・安定しない若者を増やして良いことがどこにあるのだろうか。

派遣社員や契約社員が、正規職員に比べ、給料が一段と高ければ問題ないだろう。だが現実はそうではない。


スポンサードリンク

日本が少子化傾向なのは、皆さんもご存知だと思う。

日本の人口はこのままの政策で行くと2025年度をピークにだんだんと減っていくことになるようだ。
そして老人が増えつづけ、子供がどんどん少なくなる、まさに負のスパイラルにおちいる様相をみせている。いや、陥るであろう。

思えば私が小学生ぐらいのときから子供たちの減少は粛々とはじまっていたように思う。4組まであった学年が次の代では3組までしかなく、中学校にあがったときは中学統合によって一つ中学校がなくなった。高校大学のときはその地域の人だけではないのでさほど感じなかったが、小学、中学の減少はわかりやすいものがあるだろう。

私と同じぐらいの30代で結婚をしていない(またはしたいがいろいろな理由によりできない)または子供を作っていない家族は多い。子供がいたとしても一人の家庭も多い。
なぜなら「子供を作りさえしなければ楽な生活ができる」と、みんなわかっているからだろう。

私も子供ができて実感したことであるが、できる前からも(出産費用)、できた後(ベビーカーやチャイルドシートなどもう本当いろいろ)もとてもお金がかかる。毎月おむつ代ミルク代はかかるし、子供の成長は早いので服も買ってあげないとならない。
「子供を作るか別荘を買うかの選択をしているようなもの」という言葉があるように、
もはや「子供を作る=高い買い物をする」という感覚みたいなものだ。

おまけに子供ができても現状の日本ではその負担を軽減できていないわけだから作らなくなるのは必然なのである。いっそ子供ができたらマンション一部屋や保育料無料などの政策をやらないと絶対に日本の人口は減っていく一方だろう。

なんであれ、普通の日本人の若者であれば備えているはずである、恋愛。
そこから発展する結婚、そして新しい家族作り。
そうしたものをおもうままに素直におこなえないのは、とても悲しいことである



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

子供が産まれて、引っ越しを検討する

現在都市圏に住んでいる私ですが、このほど子供が産まれて妻は育休中。
妻は子供ができる前は、保育園にいれてガシガシ働くぞ~と意気込んでいましたが、
いざ子供が産まれると離れたくないと・・・

そんなこんなで家賃とか利便性とかそういうものを考えて、引っ越しをすることを決めました。
さて、そんな私ですが30代、子持ち。賃貸にするか、家を購入するか迷うところ。
同じような悩みを持っている人は多いと思うので記事にしてみました。

  • 賃貸にするか、家を購入するか

まず賃貸にするか家を購入するのか、30代になると悩みますね。
周りも結婚して、子供ができて、家を購入してくるのも30代近くだと思います。
そこで賃貸のメリット・デメリット、家の購入のメリット・デメリットをあげたいと思います。

<賃貸のメリット>

  1. 転職したり家族が増えたり、子供が独立したりなど、その状況で間取りや家賃を変えられる。
  2. 近隣トラブルなどがあったり、建物の老朽化などで住み難くなった場合、すぐに住み替えが可能。
  3. 固定資産税、都市計画税がかからない。マンションの場合の修繕積立金もかからない。
  4. 住宅ローン(いわば借金)をしていない。
  5. 地震天災などのリスクがあった場合でも不動産資産(持家じゃないから)の損失がない。

<賃貸のデメリット>

  1. いくら住んでいても、自分の資産にはならない。
  2. ほとんどの物件が2年更新で、更新費用がかかる。
  3. 家の中を大幅に変えるようなリフォームができない。
  4. 引っ越しする前に敷金、礼金、仲介手数料などの初期費用がかかる。

まあ、ほかにもいろいろあるんでしょうがこんなところでしょうか。

次に購入のメリット・デメリットです。

<購入のメリット>

  1. 不動産という資産を持つことができる。
  2. 住宅借入金等特別控除を10年間受けることができる。
  3. 購入者が万が一の場合、ローンを免除することができる。
  4. 購入した物件を売ることができる。

<購入のデメリット>

  1. 頭金がない場合などや、ローンがぎりぎり通ったとかなどだと、ローン返済だけで何年も地獄をみる。
  2. ローン返済の場合、元利均等返済(こちらの金利のほうが利率が安い)など金利を払わなくてはならない。(元金均等返済だと金利は高くなる。)
  3. 金利の種類も変動金利や固定金利など頭を使って将来のことを考えなくてはならない。
  4. 固定資産税、都市計画税がかかる。マンションの場合修繕積立金がかかる。(持家の場合もリフォームなどでお金をある程度ためておかなくてはならない。)
  5. 土地の価値が下がる可能性がある。
  6. 転職することが難しくなる。

こんなかんじでしょうか。一概に賃貸が絶対よい。家の購入が絶対よいというものはないことがわかりますね。

さてそこで私の考えを一つ示したいと思います。

ここからは私の私見なのですが、日本はこれから少子高齢化がますます加速し、人口もどんどん減っていきます。政府がなにかしら対策をしないかぎり日本はどんどん人口が減っていくに違いありません。そうなった場合、今ある程度人がいるところでも人口が減って土地の価格が下がる場合があります。多摩ニュータウン問題とかいろいろありますね。土地の価格が大幅に下がってしまったところがごろごろと・・・。よって、ある程度子供が大きくなるまで賃貸で過ごして、ライフプランに応じて間取りや家賃を変えます。そして子供が独立したり、しそうになったりなどある程度親から離れるめどがつけば、中古のマンションの購入を考えます。これにより、おそらく住むのは夫婦二人、大きな家は必要がない。そして人口が減少しかかっている日本であるその時代のよい中古マンションを購入することにより資産を持つことができるメリットがあると思います。

これがある程度私の考えているライフプランですが、それ通りになるかははてさて・・・

 

 

福島原発について思うこと

東日本大震災が起きて4年、私にとってはあっという間の出来事であった。今でも私はあの時の記憶を鮮明に覚えている。
確かあの時は、同期の一人と業務中で、なぜか阪神淡路大震災をご経験した患者さんに介抱された記憶がある。また、仕事が終わっても電車がとまって帰れず、飲み屋でいっぱいやったあと、病院にとりあえず戻ってひと時を過ごした。
まあ、文章でかけばこんな感じなのだが、頭の中はもっと鮮明にリアルタイムに覚えている。これはもっと詳しく書けない私の文章力のなさがいけないのだが…


スポンサードリンク

歳をとるにつれて時間が過ぎるのが早い。高校生から、大学生、大学卒業から今に至るまであっという間であり、時間が加速しているのだろうか?はたまた自分だけなのだろうか?と考えてしまう。人間の命など風前の灯なのかな~とふと思いつつ、原発について書いていこう。

原発、要するに原子力技術に関連した事故は、日本においては広島、長崎原発からさかのぼる。人間のテクノロジーの粋を集めた大量破壊兵器技術を平和利用させたのが原発であるが、人間がまだ十分安全に扱える技術ではないと私は思う。

原発の重大事故としてチェルノブイリ原発事故があるが、日本では東海村原発事故、そして福島原発の事故がある。
東海村の事故は大きな事故でないような雰囲気を国民に植え付けているが、それは建前でかなりの重大な事故であった。証拠に東京で3倍近い空間放射線量が飛んでいたのだから核分裂が起こっていたらあぶなかっただろう。関東の人間が軒並みお陀仏になっていたかもしれない。福島はあれだけの事故なので内外に知れるところとなったが、東電のずさんさは今もかわらないだろう。人間もそう簡単に変われないように、企業もそう簡単に変われるわけがない。だからといって、私は原発は絶対反対であるとは言わない。反原発主義者はどこか皆考えが浅はかである。そんなに原発が嫌なら電気を使うなと私は言いたい。
原発反対派コミュニティーを山にでも作って自分たちで自力で生活すればよい。
そうすれば無駄なエネルギーを使わなくて一件落着だ。
代替エネルギーとして火力発電でまかなっている現状ではこれもまた二酸化炭素量はどんどん増え、環境破壊を推し進めているは何も変わらないのである。

日本は今現在核融合発電を推し進めている。どんどん研究すればよい。核分裂を利用した原子力発電とは違いがあるが、今原発をすべてとめれば日本の原発技術は失われ、核融合発電所も作られることがないだろう。

国際医療福祉大学について書いていこうと思う

さて、今回は3回目として国際医療福祉大学について書いていこうと思います。

特徴

国際医療福祉大学の特徴はなんといっても成長力があるということ。1995年というごく最近の設置ながら急速に成長を続けている点がほかの大学と異なるところである。また、学部学科の開設も1年たつごとにされており、医療福祉専門職養成校として確固たる地位を築こうとしている大学である。医学部設置も虎視眈々とねらっているなかなかの大学だ。

卒業生

最近までの卒業生は本部が栃木県大田原、要するに那須の近くの田舎からの卒業生が大半だ。(今は小田原やら福岡やら大学院は青山にもある)よって、小田原の学生生活は車なしでは過ごすことが難しいほど。広大な駐車場も完備されているほどなので、大学も車通勤を奨励しているようなものだ。

就職

病院も次々と買収および関連病院も多数あるため、日本の医療業界での一大勢力となる日も遠くない。おまけに成田で医学部を新設しようとしているのでますます就職に有利となると考えられる。2016年の大学案内がでていたのでのせておく

国際医療福祉大学2016年入試ガイド

以上参考にしてください

 


スポンサードリンク

医師不足に思う

世の中でよく騒がれている医師不足。私なりの見解をここに書いていこうと思う。

「医師が不足している。医師が足りない。」はよく聞く話だ。それによって、東北に東北医科薬科大学なる医学部設置の大学が何十年かぶりにできるわけであるが、そんなに医師は不足しているのだろうか?

確かにここ最近産婦人科医の不足は顕著だ。私の地元の近くの産婦人科も廃業したし、相方の地元の産婦人科も廃業している。このままのペースで産婦人科医院がなくなっていけば産婦人科医はさらに過酷になっていくだろう。なんせ今でも過酷なのに…  地方の産婦人科は悲惨なものだ。1年365日働かされているようなもの。その人たちが高給取りでもみんな文句をいっちゃいけない。ベンツやBMに乗っていても私たち一般ピーポーより絶対に働いているのだから、尊敬の念でみてあげよう。

ただ、別の科はどうなのか?内科や消化器系などの科はいたるところで開業している。ごく最近うちの近くでもできた。最近は内覧会なるものもしており、売り込みに必死だ。帰りにはお土産までついて。

っというように、科が違えばなんのその。要するに医師が希望する科が偏ってしまっているのである。これには医師養成の難しさがあると思う。今現在不足しているといわれているのは、小児科、小児外科、精神科や麻酔科、外科系はほとんど慢性的医師不足だろう。医学部に入る最初から科を決めればよいのかもしれないが、医師の場合はそうはいかないであろう。そこで解決策を提案する。

私が思うに企業がやっているようにインターンシップを作ったほうがよいと思う。そして医学部への入学はアメリカと同じように大学院から。なんでって、高校生の若いうちから医師というものを十分理解して入学する人が少ないと考えられるからである。

っとまあ、勝手気ままに書いてみたが、これからも政府は医師養成大学を増やすだろう。無駄遣いがまた増えるといった感じだ。

 


スポンサードリンク





東京電子専門学校について

駒澤大学に続いて、今回は東京電子専門学校について解説していきたいと思います。

建学の精神

「技術は力」の教育方針でエレクトロニクス系の専門学校として即戦力を養成することに特化した専門学校であることがうかがえる。大学が1年生の間が教養科目などでゆっくりとしたカリキュラムなのに対し、専門学校はそれこそ3年間ずっと忙しい毎日を過ごすこととなる。

特徴

池袋5分というアクセスのよさがこの専門学校の特徴である。反面、池袋という立地ゆえ池袋の夜に消えてしまう学生も数知れず…といったところだろう。家庭状況によってバイトをする学生や、エレクトロニクス系ゆえオタクに走る学生も多数いると考えられるので、ある程度の精神修養が必要な気がする。

学費

  • 診療放射線学科 1年次 1.650.000円
  •         2.3年次 1.200.000×2円
  •         学費合計 4.050.000円
  • 臨床工学科   1年次 1.650.000円
  •         2.3年次 1.200.000×2円
  •         学費合計 4.050.000円
  • 臨床検査学科  1年次 1.650.000円
  •         2.3年次 1.200.000×2円
  •         学費合計 4.050.000円

すべての学科で学費が変わらない学校もなかなかない気がする…

資格取得状況 

  • 診療放射線学科  国家試験合格率データなし
  • 臨床工学科    国家試験合格率データなし
  • 臨床検査学科   国家試験合格率データなし

自信があれば普通はサイトに載せますが、なかなか難しいのでしょうか。

就職 

この専門学校は伝統校であるため、全国に諸先輩方が働いている。よって、最近の出来立てほやほやの養成校とくらべ、就職にはそれほど苦戦しないものと思われる。ただ、コメディカル職種の大学への移行化も最近顕著なので徐々にだが難しくなっていくだろうと思う。それよりも専門学校を卒業できることが肝心かもしれない。

まとめ 

最近では専門学校も時代の波にのまれ、大学へと移行しているがそれにも負けずいまだ専門学校を固辞している東京電子専門学校。池袋という立地にまだ助けられてはいるものの、そろそろ決断の時期がせまられているのかもしれない。

 


スポンサードリンク

作業療法士を目指す

リハビリの3本柱の一つ、作業療法士(OT)について書いていこうと思います。目指される方も興味のある方も読んでいただければ幸いです。

・まず、理学療法士と作業療法士がどう違いがあるかを理解する

理学療法士と作業療法士、みなさん違いがおわかりだろうか?リハビリにかかわる人でない限り、医療従事者といえどうまく説明できないことが悲しい点である。っとまあ小言はさておき…  OTとは「身障者と精神障害者の応用動作能力と社会的適用能力を回復させること」とされる。何とも難しい文言であるが、要は理学療法がテレビなどで出てくる患者を運動させるリハビリなのに対し、作業療法は食事とか排泄とか手作業のことやグループワークとか、日常絶対にかかせない動作を担当していることになる。病気を患い、リハビリが必要になり、その患者の残存機能を生かしながらどう社会とかかわっていくのかを一緒に考える専門家といってよいと思う。

・作業療法士は女性が多い

PTが男女比は最近五分五分であるのに対し、OTは女性が8割ほどと圧倒的に多い。理学療法が運動的な面をサポートするので体育会系と思われているのだろうか。養成校に入学する前などは確かに運動系=PT、文化系=OTというぐらいの認識の人が多いのだろうと推測する。

・PT養成校より、OT養成校のほうが入りやすい

この点私はとっても不思議なのだが、OTはPTより偏差値的に低いところが大半である。PTのすべり止めでOTを受ける人も多い。ただ、私はこれはとても間違っていると思う。皆さん考えてみてほしい。運動的なサポートおよび回復と、応用動作能力と社会適用能力を回復のどちらが頭を使うほうなのか?運動的サポートに頭を使わないとは全くいっていない。しかし、応用動作能力の回復のほうが普通に考えて頭を使う仕事だとは思わないだろうか?

・将来的に安泰した職業とはいえない

超高齢化社会をむかえてリハビリ施設は多数作られている。ただ、日本の人口は減り続けているので老人人口はそのうちピークをむかえ徐々に減少する。そうなったとき作業療法が必要な職種か、はたまたPT資格に取りこまれているかはまだわからない。現在働かれているOTの方たちの奮闘によるのではないかと思う。

 


スポンサードリンク





駒澤大学医療健康科学部について

今回は大学別の特徴みたいなものを書いていこうと思います。第一回目といたしまして駒澤大学を解説していこうと思います。駒澤大学にゆかりがあるのかと言われたら、まったくありません。ただ、まったく関係していない分、客観的視点から書けると思います。

ここ最近更新を行うことができなく申し訳ありません。ちょろちょろとみてくれている方がいるようなので申し上げますが、私事で子供が産まれ、更新どころではありませんでした。

学校の建学の精神

これはその大学がどういった理念で学部を設立しているのかということが簡単にうかがい知れます。駒澤大学は建学の理念として、『「仏教」の教えと「禅」の精神を建学の理念、つまり教育・研究の基本とする大学です。』ということから、医療健康科学部では臨床で働く人材を育成するより、研究の人材を募集している感じがうかがえます。

特徴

なんといっても仏教系の大学ですので、教養系科目で仏教の科目を履修できること等が特徴的ではないかと思います。

学費

1年次1.795.000円+2、3、4年次1.510.000×3円 =4年間合計6.325.000円※詳細はきちんと学校案内でご確認ください。

まとめ

まとめが早いといわれるかもしれませんが書きます。駒澤大学は建学の精神で既述したように研究のほうに重点をおいているような気がします。よって、学生もばりばり臨床をこなす肉体系がたくさんいるというより、少しおとなしめでコミュニケーションをとるのがあまり得意でないいわゆるオタクが多いかもしれません。またこの大学は病院を持っていないため学生のうちに患者さんと接する機会が臨床実習のときのみというのも特徴的です。そのあたりを考慮しつつ進路を考えるとよいと思います。


スポンサードリンク

 

このブログのコンセプト

皆さんと切っても切れない関係にある病院。その中で働くスタッフは多義にわたりますが、コメディカルスタッフの本音について語ったブログは少ないと思います。その本音の部分についてここでこっそり書いていこうと思います。

私たちがお金を得るためには働かなくてはなりません。日本には働かざる者食うべからずという言葉があるように、働いていないこと=悪と捉えられます。しかし、本当にそうなのでしょうか?私たちが働く理由は、食べていくため、物を買うため、家賃を払うため、家族を養うため、色々理由はありますが根幹は生きていくためです。生きていくための手段として働くという行為が生まれるわけで、働かなくてもお金を得る手段があるなら働かなくてもいいわけです。ただ、そんな人は世の中になかなか存在はしません。そして皆、自分がどのようにしてお金を得るのか考えるのですが、このブログはその医療分野の中のコメディカルにフォーカスして書いています。私の意見を中心にまとめているので、中には異なる意見を持つ人もいるでしょうが、それはそれでよいのではと思います。

皆さんがコメディカルに興味を持ち、また目指している方の一助となれば幸いです。

私は現在もコメディカルとして働いております。もし、何か疑問等ありましたら何なりとお申しつけください。

 


スポンサードリンク