駒澤大学医療健康科学部について

今回は大学別の特徴みたいなものを書いていこうと思います。第一回目といたしまして駒澤大学を解説していこうと思います。駒澤大学にゆかりがあるのかと言われたら、まったくありません。ただ、まったく関係していない分、客観的視点から書けると思います。

ここ最近更新を行うことができなく申し訳ありません。ちょろちょろとみてくれている方がいるようなので申し上げますが、私事で子供が産まれ、更新どころではありませんでした。

学校の建学の精神

これはその大学がどういった理念で学部を設立しているのかということが簡単にうかがい知れます。駒澤大学は建学の理念として、『「仏教」の教えと「禅」の精神を建学の理念、つまり教育・研究の基本とする大学です。』ということから、医療健康科学部では臨床で働く人材を育成するより、研究の人材を募集している感じがうかがえます。

特徴

なんといっても仏教系の大学ですので、教養系科目で仏教の科目を履修できること等が特徴的ではないかと思います。

学費

1年次1.795.000円+2、3、4年次1.510.000×3円 =4年間合計6.325.000円※詳細はきちんと学校案内でご確認ください。

まとめ

まとめが早いといわれるかもしれませんが書きます。駒澤大学は建学の精神で既述したように研究のほうに重点をおいているような気がします。よって、学生もばりばり臨床をこなす肉体系がたくさんいるというより、少しおとなしめでコミュニケーションをとるのがあまり得意でないいわゆるオタクが多いかもしれません。またこの大学は病院を持っていないため学生のうちに患者さんと接する機会が臨床実習のときのみというのも特徴的です。そのあたりを考慮しつつ進路を考えるとよいと思います。


スポンサードリンク

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*