さて、今回は3回目として国際医療福祉大学について書いていこうと思います。

特徴

国際医療福祉大学の特徴はなんといっても成長力があるということ。1995年というごく最近の設置ながら急速に成長を続けている点がほかの大学と異なるところである。また、学部学科の開設も1年たつごとにされており、医療福祉専門職養成校として確固たる地位を築こうとしている大学である。医学部設置も虎視眈々とねらっているなかなかの大学だ。

卒業生

最近までの卒業生は本部が栃木県大田原、要するに那須の近くの田舎からの卒業生が大半だ。(今は小田原やら福岡やら大学院は青山にもある)よって、小田原の学生生活は車なしでは過ごすことが難しいほど。広大な駐車場も完備されているほどなので、大学も車通勤を奨励しているようなものだ。

就職

病院も次々と買収および関連病院も多数あるため、日本の医療業界での一大勢力となる日も遠くない。おまけに成田で医学部を新設しようとしているのでますます就職に有利となると考えられる。2016年の大学案内がでていたのでのせておく

国際医療福祉大学2016年入試ガイド

以上参考にしてください

 


スポンサードリンク